俺のトラック

俺のトラック

はじめてトラックを運転する時に注意する点

中型や大型トラックは、普通免許以外の免許が必要ですから、運転技術は免許をとる過程で身につきます。しかし、普通免許で運転できる2tまたは4tトラックは、特に実技講習をしませんので、自分で技術を身につけなければなりません。
さて、普通車と比べますとトラックの座席は、ワンボックスカーのように前方にあり、かつ、位置が高くなっています。そして、座席からボディ最後部までの長いですから、車両の大きさをつかむのが難しくなります。前方の視界は良いのですが、ボディ前方の真下と後部の視界はあまり良くありません。
このため、トラックを運転する時には、特に、発進時の前方真下をミラーで確認すること、カーブを曲がる時の前輪と後輪の内外差を意識して、後輪で人などを巻き込まないようにミラーで確認します。また、バックする時には、バックモニターがついていれば、それで確認しますし、ついていない時には、十分後方の安全を確認します。
また、運転席が前方よりで高いことから、走行中は、車間距離を詰め過ぎたりスピードの出し過ぎたりしやすいですから、この点も注意しましょう。

トラックの運転手の休憩などに関して

トラックの運転手には途中で休憩する必要性が存在し、休むところを確保することが大事となります。休憩をするところとしては、以下のような場所を挙げていくことが可能となります。高速道路上に存在するサービスエリアやパーキングエリア、そして大型車両の駐車が可能なコンビニエンスストアです。
サービスエリアなどではレストランやコンビニエンスストアがあるため、そこで飲食物を調達することができます。また、一般道にある駐車場が広いコンビニエンスストアでも飲食物を確保することが可能になります。
トラックの運転を行うドライバーは、上記のような場所に車両を停車させて休憩を行ったりすることができます。車両を動かすという仕事では、適度に休息を取り入れながら実施していく必要があります。それゆえ、休憩などを行っていき疲れを取り除いて再度車両を動かす仕事に戻っていくのが良いです。また、運送会社もトラックの運転手に休憩を取らせることは極めて大事な要素となります。

おすすめWEBサイト 5選

機械買取 大阪

最終更新日:2018/11/30